野菜が好きだがトマトが食べられない。何とか美味しく食べられないものか…

tomato

野菜は美味しいー

僕は基本的に野菜が好きだ。

奥さん
奥さん

今日何が食べたい?

10年ほど前、当時の彼女(※現在奥さん)にそう聞かれた時、とっさに

たまねぎで。

と答えて、若干(?)奥さんを引かせたことがある。

 

まぁ、そんなこんなで野菜が好きなんですが、どうしても

トマト

だけ美味しく食べることが出来ません・・・。

 

ちょっと苦手なオクラも『煮びたし』にすれば美味しく食べれるし、
もやしだって『ニンニクと炒める』ことであの苦手なにおいもカバーできる。

でもトマトは…

幼少期から今までの僕vsトマトを覚えている範囲でお話しします。

そんな感じの記事なので、
お時間ない人はブラウザ閉じてください🍅

スポンサーリンク
ニノマエテツプロフィール

トマトが苦手になったきっかけ

きっかけなんてささいなことー

僕は幼少期の記憶が割と残っている方で、3歳の時に頬を怪我した時のことや、4歳の時に兄にお気に入りのぬいぐるみを隠されて激怒したことなど、32歳になった今でもしっかり覚えている。

ちなみに頬の傷は健在。
自分が何して、何で怪我をしたかだって覚えています。

脱線しました。戻ります。

トマトを初めて食べたのは5歳の頃。友達がお弁当に『プチトマト』を入れているのを見て、僕も食べたいな~と思い、お弁当に入れてもらった。

『プチトマト=さぞ美味しかろう』と、謎に自分の中でハードルが上がっていたこともあり、初めて食べた時のあの独特の感触、思っていた甘味がないことなどから一気に苦手になってしまった。

試してみたこと

食わず嫌いは良くないー

まぁ、1回食べてはいるが、ほぼトマトを食べないまま小学校高学年を迎える。

サッカー部で体を鍛えまくっていたこともあり、当時の体脂肪率は10%ほどだった。

しかし、トレセン(※市や県の選抜)の友人たちは体脂肪1桁の人がザラで、『僕ももうちょっと体を絞ろう』。そう思った矢先『ダイエットにはトマトがいいー』というTV番組を見て、再びあの苦手なトマトに挑んだのであった。

そしてなんやかんや、32歳の今も戦いは続いているー(ネタバレ)

ハンバーガーと一緒に食す

肉やトマトと一緒に食べたら味なんて消えるやろ!

そう思っていた時期が僕にもありました。

某Mクドナルドのトマトが入った商品を頼んでみましたが口には合わず。

友人
友人

佐世保バーガー(長崎名物)のトマトはいけるっちゃ?

なんて言われて食べてみましたが、これも結果は一緒。バーガーはほぼ一緒…ゲフン。

肉とトマト煮にしてみる

〇分クッキングで母が見かけた料理。

これならいけるー

そう思ったらしく作ってくれたあの料理。味はトマト凝縮したやつ。肉もトマトの味になり僕はアゴが開かない。そう、体が拒絶していた。

母よすまんーと肉を水で軽く流して食べる。食べ物残すのはいかんからね!(※トマトは残してる)

湯むきして炒める

これは本で見た。『野菜嫌いの子どもでも美味しく食べれるー』そんな本。

そこまで言うならやってみるか。ツナとトマトを炒めて…あれ?トマトのにおい強くなってない?

とりあえず呼吸は止めて口に運ぶ。ツナは美味しかった。それだけであった。

スープやカレーにする

カレーはすべてを凌駕するー

お笑いコンビ『タイムマシーン3号』のネタ”デブはカレーと一緒理論”からヒントを得た。

※デブで背が低い=デブの方がイメージ勝つ
 カレーにうどんを入れる=カレーのイメージの方が勝つ
 簡単に言うとそんな話。

自分が普段から食べるスープやカレーに入れたら目立たないんじゃないか?これはいける!!

ってことで入れてみたら

『俺トマト!!』

しっかり主張を感じた。つよ…

思い切ってゼリーにしてみる

これだけ色々やっていたら、もう『原型があってはだめだ』という理論に達した。

奥さんと結婚する前、テリーヌ作りにハマっていた時にふと思いついた『潰して混ぜてゼラチン投入』ちょっとトマトジュースとか混ぜるか…と思ったところで、僕はトマトジュースすらダメなことを思い出す。

あんだけ原型とどめてないやつ飲めない人間がゼリーならいける…?

いや、考えてはだめだ。きっと美味しくいただけるんじゃないか?

不安と希望を乗せたトマトゼリーは一口食べたところで三角コーナーへ向かった。食材に申し訳ない…

砂糖をまぶす

あの香りというか、独特のアレが苦手感を増しているー

なんやかんや今までの経験からそう思った僕は『めちゃくちゃ甘くすればきっと…!』そう思った。

砂糖ぶわー!!

🍅『俺やで!』

おったんかい。砂糖の甘みを越えてこんにちは。これならマヨネーズかけた方がまだ戦えたー

中身をくりぬいてチーズをぶち込む

トマトは体にいいから食べて欲しいー

奥さんから言われた一言。

わかる。僕もそれずっと思ってる。そんな話をしていると奥さんが思いついたレシピ。

1.トマトの中身をスプーンでくりぬきます。中身は捨てます。
2.トマトの薄皮は剥がします
3.クリームチーズを残ったトマトのガワで包みます
4.わさび醤油につけます

結構手が込んでいた。一口食べると結構おいしい。これは長年の僕vsトマトの戦いに終止符を打てるのでは?そう思ったところで

奥さん
奥さん

作ったものの…これトマト料理って言ってよかっちゃろうか?

…あ、これはクリームチーズ料理ですわ。トマトの中身①で捨ててるし。食べてから気付いたね。

いつかは美味しくトマトを食べる!

そんなこんなで、未だにトマトが食べられないのですが、トマトが体に良いことは重々承知。

いつかはきっとおいしく食べれるー

そう信じて、たまにトマトにはチャレンジをしています。

フルーツトマト?もダメやったな…

何かの食材を食べず嫌いをしている人。いたら色んな角度から挑んでみると美味しく食べる方法ってあるかもしれませんよ(誰が言うてんねん)

ブログ運営者情報
ニノマエ テツ

長崎在住の雑記ブロガー
時々WEBライター。
 
クスっと笑える記事から
お役立ち情報等、
幅広く執筆しています。
 
猫が大好きですが、
猫アレルギーのため
全く触れないことが悩み。

ニノマエ テツをフォローする
趣味・ネタ
スポンサーリンク
Re:あらゆるり
タイトルとURLをコピーしました