【奴が来る12周年】幕末志士のマリオ64実況動画って見たことある?

やつがくる
スポンサーリンク
+1

坂本反転改革横ちゃんが

2020年に聴けるなんて

思ってもいなかった。

皆さんはYoutubeやニコニコ動画の

ゲーム実況を見たことがありますか?

 

個人的に、ゲームは自分でやるのが一番楽しい!ですが、

『このゲーム、正直買うほどではないんだけど…ちょっと見てみたいな』

といったゲームの映像を見ることに適しています。

意外と需要あるんですよね🍵

 

最近は芸能人がゲームをする動画が

人気だったりしますが

Youtuberの中にはとても個性的で

面白い実況者がいます。

今日は数あるゲーム実況者の中から、僕が個人的に大好きな

『幕末志士』の『奴が来る』シリーズの中から、

特に面白い動画を紹介します。

・Youtubeで見るものがなくなってきた

・面白いゲーム実況動画がみたい

そんな方にお勧めの記事になっています。

目次から直接動画に飛べます↓

ニノマエテツプロフィール

幕末志士のマリオ64実況動画(奴が来る)って一体何?

あの恐ろしいまでに緑色に染まった“奴”が。

逃げるのだ。君の体に触れた途端に体は増えるが何かが失われる。

奴の執念は鬼をも殺し、その目は血走り、顔面は蒼白で君を追いかける。

血塗られた小判を8枚集め、輝く星を獲り、やっと君は殺意の波動を持つ奴から逃れられる。

―――これは、その幕府の呪いに挑んだ倒幕の志士たちの物語である。

「新幕末全書、その倒幕への軌跡の全て」より

 

Nintendo64のスーパーマリオ64は

各ステージに1UPキノコ(=奴、通称緑の悪魔)が存在しています。

この1UPキノコは

『マリオに接触するまで』追いかけてきます。

 

1UPキノコをかわしつつ、

赤コイン8枚を集めてスターをとることが出来れば勝ち

そんな縛りプレーの動画です。

坂本龍馬・西郷隆盛の両名が大活躍?しています。

ふ~ん、面白いのかなそれ

と思ったあなた。

まずはこの記事に貼ってある動画だけでも見てみてください。

動画:奴が来る Part 1(9:16)

【マリオ64実況】奴が来る Part 1 – Super Mario 64 Challenge

2008年の動画ですが、

僕は未だに何度も見ています。笑

このPart1を見れば、

彼らの魅力に気付けると思います。

企画は勿論ですが、

『ゲームを楽しんでいる姿』が見ていて気持ちいいです。

動画:奴が来る Part3 Second half(6:44)

【マリオ64実況】奴が来る Part 3 (Second half) – Super Mario 64 Challenge

僕が個人的に一番好きな動画はこれです。

クリアするために知恵を絞り続ける二人をご覧ください。

はたして仮説は当たるのか…?

動画:奴が来る Part 4  First half (9:55)

【マリオ64実況】奴が来る Part 4 (First half)

Part3から更に作戦を練ってチャレンジしています。

この動画は9:20~が特に面白いので、一度見てみてください!(^^)!

動画:奴が来る Part 6 Second half(8:55)

【マリオ64実況】奴が来る Part 6 (2/3)

羽帽子が消えぼうしたね~

という、ファンの間では

人気のダジャレが生まれた回です。笑

動画:奴が来る【幕末志士12周年記念】(38:33)

【マリオ64】奴が来る【幕末志士12周年記念】

2020年、なんと12年ぶりに復活した奴が来る動画です。

僕含め、当時のファンがざわついた企画です。

面白いシーンだらけですが、

時間がない方は9:28ぐらい~見てもらうと笑えると思います。笑

愛すべき動画実況

2008年当時、

ニコニコ動画やYoutubeで1000万回再生をこえる動画は

めったにありませんでした。

僕が知っている範囲では、

日本で1000万再生越えした初の実況者じゃなかったかな?🍵

10年以上前の動画なのに、決して色あせることなく

いつ見ても笑わせてくれます😊🍵

マリオメーカー2も面白いですが、

久しぶりに64起動しようかな!(^^)!

にほんブログ村 その他日記ブログ うんちく・小ネタへ
にほんブログ村
+1
ブログ運営者情報
ニノマエ テツ

長崎在住の雑記ブロガー
兼WEBライター。

クスっと笑える記事から
ブログやSNSでのお役立ち情報等、
幅広く執筆しています。
(WEBライターはジャンル広め)

ブログには猫をちりばめていますが
猫アレルギーのため、
リアルでは全く触れないことが悩み。

ニノマエ テツをフォローする
趣味・ネタ
スポンサーリンク
Re:あらゆるり
タイトルとURLをコピーしました